すべては社員のために。すべては誰かの笑顔のために。

感性のままに働ける会社

「働きがいのある会社」ランキング2年連続第1位を獲得しました!


当社は、Great Place To Work(R) Instituteが実施する、「働きがいのある会社」ランキング、従業員25~99名部門において、2015年と2016年の2年連続で第1位を獲得しました。


また2015年には「アジア地域における働きがいのある会社」ランキングでも、ベストカンパニーに選出されました。

2015年「働きがいのある会社」ランキング

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞審査委員会特別賞を受賞しました。

2015年3月、「人を大切にする経営学会」(会長:坂本光司(法政大学大学院教授))・「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞実行委員会(実行委員長:清成忠男(事業構想大学学長、元法政大学総長))が主催する第5回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の表彰式・記念講演が行われました。
経済産業省、厚生労働省等も後援する栄誉ある本賞にてAcroquestは審査委員会特別賞で表彰されました。

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞表彰式

「第4回健康寿命をのばそう!アワード」で、厚生労働省健康局長優良賞を受賞

2015年11月16日、厚生労働省主催のスマート・ライフ・プロジェクトの一環として行われた 「第4回健康寿命をのばそう!アワード」の表彰式が行われ、生活習慣病予防分野で、 厚生労働大臣賞受賞候補者によるプレゼンテーションが行われました。 アクロクエストは、2000年から行っている全社禁煙の取り組みを発表し、 厚生労働省健康局長 企業部門 優良賞を受賞しました。

「第4回健康寿命をのばそう!アワード」の表彰式

全社員の意志で、全社員が達成した決意
全社完全禁煙

「クリティカルな仕事を行う際に、喫煙行為はデメリットばかり」。こうした意見を受けて、ヘビー・スモーカーであった社長自身が先頭に立ち、全社員禁煙運動がスタートしました。禁煙を補助する“禁煙パッチ”を積極的に使用することで、喫煙者も楽に禁煙に成功できます。現在も全社完全禁煙が継続中で、採用者に関しても非喫煙者に限定しています。

始まりは、2000年のこと。“全社禁煙を徹底し、喫煙者を採用しない”という当時では革新的なルールを、全社員で決定しました。「世間からの批判につながるのでは?」と、他社の方からも心配されましたね。でも、今では厚生労働省の官報に事例を載せていただいたり、メディアでも多数紹介されるようになりました。社内規程に定める会社も増えてきましたが、弊社が先駆けとして誇りを持っています。

全社員の意志で決定する給与・賞与額
HAPPY査定360

Acroquestの給与・賞与の査定は、非常に個性的です。全社員が査定会に参加し、全社員で決定します。上司や部下の立場など関係なく、お互いの成果や能力について、本音で意見をぶつけ合います。数時間もの熱い議論が繰り広げられるので、全社員は以前よりもお互いを深く理解できるうえ、全員で決めた正当な評価・報酬に満足できるのです。

「ギスギスしませんか?」と、他社から心配されることがあります。でも、そのようなことはありません。給与の金額を決定する過程で、社員たちは今後のキャリアプランについて話し合い、理解を深めることができるんです。真剣な空気の中から、笑い声も聞こえてくる、他にはない革新的な査定会です。コスプレ参加の社員もいたり、お酒も用意されてる、年に一度開催される楽しいお祭りです(笑)。

働きやすい環境を、自由に提案し創造する
Meeting of All staff (MA)

MAは、その言葉通り、全社員が参加して、Acroquestの社内ルールを決定する会議です。自分たちが働きやすい環境やルールを自由に提案し、大いに議論し合うことで、ブラッシュアップされた案が続々と実現しています。

入社するときに「社内のあらゆることを会議で決められる」と聞いていたので、とても楽しみにしていました。ついに気合を入れて参加したのですが、議論のスピードが速すぎて、最初の頃はついていくのが精いっぱい…(笑)。でも、みんなで会社のことを話し合う一体感はワクワクしますし、やりがいを感じられるので、とても充実しています!

誕生日には“おめでとう”の気持ちに包まれて
花一輪

MAで決定された、全社員が年に一度主役となる習慣、花一輪。全社員が心をこめた一輪の花を、誕生日の社員にプレゼントします。 誕生日の人に手渡された花が集まると、そこには豪華な花束が完成します。 一輪ずつに想いがこもっているから、温かくて優しい、おめでとうの気持ちに包まれて1日をすごします。

多くの社員から花が集まって、誕生日の人の席には豪華な花束が出来上がります。 一輪、一輪に心がこもっているから、より綺麗に見えるんです。 花をあげる方も、貰う方も幸せな気分になる。 心が満たされる職場って良いですよね。

“Meeting of All staff”で誕生した個性的な事例

中期計画に疑問があれば、社長と直接議論せよ
ビジョン・シェア・ランチ

Acroquestの経営方針から取引先など、業務に関するあらゆるのことに、全社員が自由に意見を交わします。ときには社長とも納得するまで熱く議論することで、会社の方向性が大幅に変更されることも。全社員が、自分の手で、会社を動かせる。その実感を伴った手触りが、社内から社外へと、変革していく原動力になるのです。

配偶者に心からの感謝を伝えよう
配偶者誕生日休暇

日々の業務に集中できるのは、それぞれの社員のそばで、サポートをしてくださっている配偶者のおかげ。Acroquestでは、配偶者に感謝の気持ちを伝えるための、“配偶者誕生日休暇”を制定しました。大切な人とすごす、かけがえのない特別な日。あなたなら、何をしますか?

えっ!? 会社が“出会い”の手助けを?
婚活サポート制度

仕事は、人生を充実させる大切なもの。そして結婚も、人生を彩る重要なもの。30歳以上の独身の社員に対して、土曜日に社内で講習会などがあっても出社禁止に。さらに、毎月1万円の特別手当も用意。会社が婚活への参加を後押しすることで、運命的な出会いを近付けます。仕事だけでなく、人生の幸せもサポートするのが、Acroquestの特徴です。

美味しいクールダウンを“900秒”で
全社一斉コーヒーブレイク

毎日15:00~15:15は、全社員は一斉に仕事を中断し、コーヒーを片手に談笑します。忙しく責任重大な業務だからこそ、15分間のブレイクタイムを確保し、集中力を回復させます。そうすることで業務が捗れば、大切な人の笑顔が輝くと信じて。

社員の想いが奏でられるシンフォニー
社歌

作詞作曲はもちろん、レビューまで、1年間かけて制作しました。すべてのパートが社員の手作りのため、歌詞やメロデイの端々から、熱き体温が伝わってくるはず。まるで全社員の個性が重なり合うかのように、未来へ響き渡る歌声が美しく奏でられます。

社歌を聞く

Java日本一”と称される技術を、世の中へ継承するための技術教育。

“年間170〜270時間”に
も達する充実した教育研修

社内外で実施している教育訓練時間は、少ない社員でも最低170時間(月間15時間)、多い社員では270時間(月間20時間)に達します。最先端の技術をキャッチアップし、常にミッションクリティカルを達成する人材を育てるために、万全の教育研修を確保しているのです。

各内定者の個人レベルに
“カスタマイズした指導”

例えば、経験者の専攻学生と未経験者の文系学生に、同じ内容を教えても、最大の効果は得られません。つまり、他企業にありがちな1クラス50人の講義では、各内定者の持つ技術能力を伸ばせないと考えました。そこで、オーダーメイドのカリキュラムを用意することで、内定者の能力が最大限に伸びるように指導でき、丁寧なサポートを実現しました。

教育担当は“マンツーマン”
で親身指導

先輩社員が内定者に対して、1対1で見守るYAPA制度があります。技術面、プロフェッショナル面も含め、内定者のゴール達成のために、親身かつ真剣にサポートしています。普段話しにくい悩みから疑問等まで、あらゆることを相談できる、親切な世話焼き先輩制度です。大いなる可能性を秘めている内定者の潜在能力を、大切に育てていきます。

有志による開発合宿

熱海にある会社所有のリゾートマンションにて、集中的な開発合宿を開催可能です。温泉大浴場、ジムルームを完備した、充実した環境を用意しています。

Advanced Tech Night

Acroquestの有志メンバーが中心となり、外部のエンジニア向けに“ソフトウェアに関する先端技術勉強会”を開催。

自主企画で社内勉強会

社内講習会、若手勉強会、中堅メンバーなど、各メンバーによる自主企画が豊富です。また、先端技術に関するプレゼンなどといった、実践的な勉強会もあります。社員が講師を担当するため、教える側のスキルアップにも繋がっています。

仲間と笑い合えない会社なんか、いらない。

働きやすさを突き詰めたオフィス

植物に包まれてリラックスできる空間作り

オフィス中に緑が溢れていることが、Acroquestのオフィスの特長です。各自の席はフリーアドレス制を採用しているため、定席はなく、その日の業務内容な気分によって、心地よい最適な自席が選べます。
また、社内にはコーヒーが飲めるCAFEスペースや、社員が選んだオススメお菓子の販売コーナーなど、働きやすさを追求した取り組みが各所に見受けられます。

集中力を研ぎ澄ます社外拠点

プラムステーションで開発合宿を実施

熱海にあるマンションの一室に、プラムステーションがあります。眼下に広がる町並みと海を一望できる場所に位置し、室内から楽しめる絶景でリフレッシュ。環境抜群の部屋を、社員は開発合宿などに活用しています。いつもと異なる環境下で気分転換ができ、研ぎ澄まされた集中力を獲得。実際に、先端技術を活用したソフトウェアが、ここから誕生しています。

実は以前まで、連休のたびに温泉宿を予約して開発合宿をしていたのですが、毎回手間がかかり苦労していました...。でも、このプラムステーションができてからは、そんな悩みが払拭されましたね。会社から新幹線に乗れば、たったの30分で到着。心身ともにリフレッシュできる温泉露天風呂に入り、新鮮で美味しいお刺身を食べれば、プログラミングもはかどるに決まっていますよね(笑)。

シェアハウスの広大な談話スペースに笑顔が集う

バリューステーションは、会社まで徒歩7分の距離にある、社員用シェアハウスです。帰宅した社員を迎えてくれる一箇所の玄関と、トイレ・バス・台所が共有で利用できます。そして、30人近くが集まれる広い談話スペースが最大の魅力。社員の憩いの場として懇親会や、さまざまなテーマを持ち寄ったミーティングが、盛んに行われています。

自分も近くに住んでいるので、よく懇親会で訪れていますよ。終電を気にせずに、朝まで語り合えるのが嬉しいです。実はワインセラーまで置いてあるので、美味しいワインが楽しみでもあります(笑)

女子学生専用シェアハウスで、秘密の女子会を

女子学生専用シェアハウス「大豆戸ハウス」は、会社から徒歩8分の場所にあります。毎晩のように美味しいスイーツを楽しみながら、技術学習といった勉強会や、ミャンマー出身のスタッフとの異文化交流も活発。男子禁制の“女子会”の会場としても、大いに利用されています。

女子寮ならではの魅力といえば、やっぱり毎晩23時からのデザートタイムです!懇親会などで遅く帰ってきても、これだけは欠かさずに参加しますよ…(笑)。また、ミャンマーから来日した社員との生活も楽しく、会話を通じていろいろと勉強になるので、毎日がとっても刺激的です。

社員旅行のエピソードから伺えるAcroquestの人間力

とある日、ミーティング中に議題がなくなったタイミングで、先輩社員が「多忙な業務が続いたので、社員 旅行でリフレッシュしませんか?」と提案。全社員が合意し決定するまで、わずか5分。Acroquestでは日々 の業務はもちろんのこと、自由度の高い企画の実現もスピーディかつハイレベルなのだ。アンケートで決まった行き先は、沖縄。当日は照りつける太陽の下、市場で新鮮な食材堪能し、それぞれが自分に似合うかりゆしウェアを購入。夜になると着替えて、宴は大いに盛り上がった。そんな旅をサポートした“手作りのしおり”の完成度もプロ顔負けのものであった。

  • 社員ブログ
  • Facebookページ
  • T3ブログページ
  • Acroquestページ
loading...