IoTエンジニア

山下 晴香 入社5年目 総合理工学研究科

①業務内容

IoTプラットフォーム開発は、自社サービスのIoTプラットフォームTorrentioの開発を行っています。
Torrentioは、IoTデバイスがキャッチしたデータを、グラフや図にして、簡単に見える化することが出来る、というプラットフォームです。

2016年に行った取り組みとしては、「富士山チャレンジ」というものがあり、富士山の登山者のデータを収集することで人数や外気温などをスマホから簡単に情報を得られる機能を作りました。
また、営業と一緒にお客様のところに行き、サービスの説明をしたり、要望を聞いたり、といった仕事もしています。
その中で、お客様が求めているものはかなり曖昧なものが多いので、本当は何を解決したいのかを、会話を通してしっかり見極めることに気を付けています。

②やりがいを感じる時、将来やりたいこと

自身の業務の中でやりがいを感じる瞬間は、自分の作った製品をお客様が良いと思って買い、その結果感謝の声を頂けることです。
また、働く中でやりがいを感じる瞬間は社風にあります。Acroquest独自の全社員会議である‘MA’は、社員全員が参加できて様々な意見を通せます。例えば、私が実際に提案した議題は、社章を作る、ということです。
その他にも、他部署の業務に対しても意見が言えるので会社作りに貢献している実感が湧き、とてもやりがいを感じます。
今後は、データ分析ならAcroquest、とデータ分析ができる会社としてのブランディングをしていきたいと思っています。
そして、独自の社風で楽しく仕事を行っていることを発信し、AcroquestをIT業界や日本の企業のロールモデルにしていきたいと思っています。
また、学生の頃の私はもともと企業では女性は働きにくいと思っていたので、専業主婦になろうとしていました。しかし、このAcroquestに出会って、女性にとって働きづらかったら会社を変えれば良い、という考え方になりました。
なので、これからも仕事でバリバリ働きつつ、家庭も充実させて楽しく働く女性のロールモデルを目指して頑張っていきたいと思っています。


<< 職種マップへ戻る >>

  • 社員ブログ
  • Facebookページ
  • T3ブログページ
  • Acroquestページ
loading...