中川 翔太 - ビッグデータ分析サービス開発

モノづくり大好き人間集まれ!

中川 翔太 - ビッグデータ分析サービス開発

2010年入社 東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻

社員ストーリー

モノづくりの1から10まですべてに関わり開発

私には、高専から大学院までに10年間ハードウェアを学んできたことで、モノづくりに対し譲れない信念があった。
それはモノづくり工程の「1から10まで」すべてに関わらなければいいものは作れないということである。

「最初から最後まで」とは、顧客が本当に欲しいものを直接聞き出すところから、自分の手でものを作り、最終的に高品質なものを納品するところまでを意味する。
全てに責任を持つからこそ、本当にいいものが作れるのである。
就活では、自分の専攻を踏まえて当然ハードウェアメーカーもみたが、分業が当たり前の業界で、私の目指すモノづくりはなかった。
そんな中、たまたま出会ったのがソフトウェア会社のAcroquest。
完全に畑違いだが、そこには私の目指すモノづくりがあった。

ハードウェアかソフトウェアか?

悩みに悩んだが、私がやりたいのは、やはり「1から10まですべてに関わるモノづくり」だった。

誰も実現していないシステム開発

入社して焦った。
想像以上に早い時期に、1から10まですべてに関わる仕事に携わることになったからだ。
新人から上位設計を担当し、2年目には客先との仕様詰めから最先端開発である。毎日が勉強で大変だった。

しかしその分自分で1から10までかかわることで、自分で要件決めから始まり、リリースまで関われる面白さも想像以上だった。

まさに学生の頃やりたいと思っていた「モノづくり」が自分の仕事になった瞬間である。

今では5年目。開発リーダとして、世界中のモバイルネットワーク通信品質を可視化するシステム開発を行っている。
どのような可視化が顧客に必要なのか、それを使って何をするのか、最先端の技術をどう取り入れるのかなど検討から関わり、チームメンバと一緒に、「1から10まで」すべてに関わりシステム開発をしている。

やっぱりモノづくりは楽しい(^^

  • 社員ブログ
  • Facebookページ
  • T3ブログページ
  • Acroquestページ
loading...