白井 智子 - 営業・広報

やりたいことがやれる、毎日楽しい会社

白井 智子 - 営業・広報

2013年入社 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻

社員ストーリー

Acroquestとの出会い

私がAcroquestに出会ったのは、逆求人イベント。
情報専攻出身の私としては、自分が作ってきたものに共感してくれる人と働きたいと思い、面談をしていた。
確かに、面談で共感してくれる人はいる。
が、共感してくれたのと同じくらい、楽しそうに自分たちが何をやってきているのかを語ってくれたのはAcroquestの社員だった。
私は、Acroquestのエンジニアと話しているときに、他の人たちとは何か違うと不思議に感じたし、なぜそんなに楽しそうなのか、知りたくてたまらなかった。

たくさんの発表をしてきた

学生のときは、国際学会に参加し、可視化についての発表をしてきた。
そして、そこで学んだ知識を社内でもフィードバックさせてもらった。
可視化の奥深さ、これからの可視化について、社内で伝えた結果、新人の夏に、Acroquest が有志で行っている ATN(Acroquest Tech Night)という社会人向けの勉強会で、私が学んできた可視化について、発表させてもらうことができた。
入社してすぐの出来事で、まさか!と思ったが、Acroquestには、“挑戦できる場”があると感じた。
2年目の5月には、私が新人の時に経験してきた新人研修について、JJUG CCC Springでの登壇も決まり、とにかく発表を繰り返していた。

やりたいことがやれる、毎日楽しい会社

登壇だけではない。
入社当初から私が活かしていきたいと思っていた可視化がメインとなるビッグデータ処理の可視化プロジェクトに携われたり、ミャンマー支社で会社で学んできたことを伝える機会もあった。
これらは、どれも、自分から、挑戦したい!と伝えたところから始まっている。
自分がやりたい!と提案したことが、Acroquestでは実現できる。
もっと挑戦していこうとなれる。
だから、今、毎日がとても楽しい。
私が初めて、逆求人でAcroquestに会った時、自分たちがやっていることを楽しそうに語ってくれた、その源は、この何でも挑戦できる環境にあるのだと思った。
私も、これからも、まだまだ挑戦し続けたい。

  • 社員ブログ
  • Facebookページ
  • T3ブログページ
  • Acroquestページ
loading...