専攻外からITへ! 若手執行役員の道のり

 

山下 晴香  IoTプラットフォーム開発

2013年入社 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 創造エネルギー専攻
IoTプラットフォーム開発 プロジェクトリーダー
29歳にして、執行役員に就任
ワークダイバーシティ担当

社員ストーリー

物理系専攻からIT業界へ。

私は物理系院出身で、プログラミングはC言語を授業で少し習っただけでした。
就活では、論理的な思考とパソコンだけあれば、作ってすぐ動かせる!という点でプログラミング、SEという職に魅力を感じていたところ、Acroquestと出会いました。
やはり、情報専攻ではないので技術面で不安がありました。
しかし、教育制度について説明を受け、Acroquestならば、情報専攻外の私もSEとしてキャリアを積むことができると確信し、入社を決めました。

結婚してからもバリバリ働きたい。

私の夢は、働く女性のロールモデルになること。
子育てしながらプロジェクトマネージャーとして大規模プロジェクトを回したい。
部下をつけて、社会に影響を与えられるような仕事がしたいと思っています。
それと同時に、やっぱり子供もほしいし、お母さん業もやりたい。

Acroquestならば、実現できると思っています。
男性か女性かなんて関係なく、仕事を任せてもらえる。
社会人6年目ですが、IoTプラットフォーム開発のリーダーを務め、IoT事業を推進しています。
また、「ワークダイバーシティ」を強力に推進するための執行役員として、
選任していただきました。

このように、「チャレンジしたい!」といったことがやらせてもらえる環境です。

そして、もう一つ、夢があります。
それは、Acroquest保育園を作ること!

副社長や同期たちと目論んでいます。
朝は子供と一緒に出勤して、オフィスのひとつしたのフロアにある保育園まで一緒に行く。
そのあとは、プロジェクトマネージャとしてバリバリ働く。

いつだっていつまでだってバリバリ働ける、そういう会社を作っていくのは自分たち社員なんだ、という自覚が全社員にあるので、きっと実現しますよ!